こんにちは!

和歌山・大阪泉州のプライベートサロン、全国オンライン型の結婚相談所「婚活サロンテマリアージュ」のしもです。

最近またもやステキな男性会員様がご入会くださいました!

入会手続きの時に、「ところで、テマリアージュってどういう意味ですか?」と質問されました。

そうですよね~。なんのこっちゃ?って感じですよね~。

そこで、今さらではありますが(笑)、当サロン「婚活サロンテマリアージュ」の屋号に込めた想いと結婚相談所を開業することになったきっかけなどについてまとめておこうとおもいます。

結婚相談所を開業した理由

とある資格者が集まる懇親会に出席して、家に帰るなり、夫に放った言葉がこれ。

「私、結婚相談所はじめるわ!」

夫、「はぁ? なんて??? いきなり!? 大丈夫か?」

普段はあんまり私の発言をまともに聞いてなさそうで、「ええんちゃう?」としか言わない夫が、思いっきり反応しました!!!

あれ? なんか違った??? と思いながらも、笑って無視。

 

これまでも私、好きなことや楽しそうと思ったことを選択して生きてきました(笑)

何度か転職もしましたし、今の夫と知り合ってからも結婚前に勝手に転職して、結局、夫が結婚退職することになったり。

とはいえ、前職は、働き方としてはかなりハードな環境でしたが、お客様のためにできること、やるべきことを周りの人と一緒に楽しみながら、20年以上続けていました。

そんななかで、人生半分を過ぎた時に、誰もがじぶんの人生を生きているわけではないことに気づいたのです。

自分の自信のなさやコンプレックスを正当化するために、「だって」「でも」「どうせ」と言い訳したり、人を攻撃したりすることで、なんとか自分の精神衛生を保たざるを得ない人たちの存在に気づきました。

そんな方も含め、たいていの人がその人なりにがんばって仕事をして生活しているのがわかります。

でも、仕事は楽しいことばかりではありませんし、思い通りに行かず、むしろ辛いことの方が多いですよね。

そんな辛いことを自分でコントロールできない人の背景には、安心できる居場所がないことが考えられると思いました。

みなさん、不安に悩まされながらがんばっていらっしゃるんです。

そこで、全ての働く人が気軽に相談し、問題解決できる場や人の存在が必要ではないかと思った訳です。

それで、もともと個人の問題解決につながる情報収集を支援する仕事をしてきましたので、さらに、仕事やキャリアに関する個別のニーズに対応できる資格として、国家資格キャリアコンサルタントを取得しました。

冒頭の懇親会とは、キャリアコンサルタントが集まる会合のことです。

その会である人からお声がけいただいたのが、「結婚相談所のお手伝いをして欲しい」というお話でした。

キャリアコンサルタントの知識とコンサルティング技法が結婚相談所での相談やサポートに向いているという理由でした。

「やらせてください!」と即答してその場は帰ったのですが、帰り道、考えていたのがコレ↓

「私、結婚相談所、自分でしたい!」

そして、帰るなり、冒頭の言葉を夫に投げかけたというわけです(笑)

そういえば、仕事をがんばっている独身の人のほとんどが、「良いご縁があれば結婚したい」と思っているのが現状です。

適切な時期に、必要な人には適切なサポートを以て結婚まで導くサービスができれば、仕事を離れた時に、家族という小さなコミュニティが安心できる居場所となるのではないかと思いました。

私自身は、家族、姉妹、親戚も仲良く、夫の両親や兄弟、親戚からも、結婚以来とても大事にしてもらっています。

ですから、結婚して新たな家族を持てたこと、見守ってくれる家族や親戚が増えたこと、いつもみんなが仲良く過ごせていることが、この上なく幸せだと日々感じています。

そんな人を増やすことができれば、職場で誰も幸せにならない状態に陥ることを防げる、微力ながら少子化や地域活性化にも貢献できるのではないかと思いました。

そして、日頃仕事をがんばっているからこそ忙しい人やなかなか行動できない人に寄り添ってご結婚までサポートできるのは、仲人型の結婚相談所という形態しかない!

しかも、私は、おひとりおひとりに寄り添ってその方の問題解決への個別のサポートをするのが好きだ!と思いました。

こうして、「よし!結婚相談所を開業しよう!」と思った次第です。

はい。思い切ってじぶんの人生の舵を切り、またまた好きなことや楽しそうと思ったことを選択しました!

結婚相談所のサロン名「テマリアージュ」に込めた想い

というわけで、結婚相談所を開業しようと思い立ってすぐに、ワクワクしながら屋号も考え始めました💖

ワタシ、寝る前にいろいろ考える習慣がありまして💦夜中に眠れなくなったほどです😅

たいてい妄想で、寝て起きた時には忘れていることが多いのですが、この時はちゃんとメモをしましたよ。

それで、考えたポイントがこの3つ。

1⃣縁起がいい
2⃣かわいい
3⃣地域色

和歌山では、「いつまでも丸く美しく納まるように」と嫁入り道具の一つとして「てまり」を贈る風習があります。「てまり」は全国的にもお祝い事でのプレゼントとしても贈られる、日本の伝統的な縁起の良い工芸品です。

この縁起がいい和歌山にちなんだ「てまり」と結婚を表す「マリアージュ」をかけて、「テマリアージュ」と命名しました!

後付けですが、ローマ字表記にも想いを込めています💝

「THE MARIAGE」と書いて「テ マリアージュ」と読みます。「MARIAGE(マリアージュ)」とはフランス語で「結婚」のこと。

「飲み物と食べ物が互いの味を引き立てあい、相性が良い」という場合にも用いられます。

「THE(テ)」とは、フランス語で「紅茶」のこと。紅茶を飲むときのような優雅で穏やかな気持ちで過ごしてほしいという気持ちを表しています。

これらを合わせ、「テマリアージュ」という造語として、「手毬(てまり)」とかけてサロン名としました。

さらに、英語の「THE(ザ)」の意味でも、会員様お一人お一人のご希望や想いに沿った仕事を意識しています。

フランス語、全く勉強したことはありませんが(笑)、なんか響きがかわいいでしょ。

というわけで、結婚を真剣に考えていらっしゃる独身の方に、お互いを引き立て合える相性が良いパートナーと出会えるよう、てまりを贈る気持ちで、お一人お一人に寄り添ってお手伝いしていきます。

なーんか、ちょっとカッコつけていますが(笑)

まとめ:婚活サロンテマリアージュ開業経緯とサロン名

この記事では、婚活サロンテマリアージュの開業経緯とサロン名に込めた想いをお伝えしました。

それにしても、開業して以来、本当に楽しくお仕事させていただいています。

これもひとえに、会員様が素晴らしいこと、結婚相談所の連盟や先輩・同期のみなさまに恵まれていていつもお世話になっていること、家族や友人など周りの人にも応援してもらえていること、全てのおかげです!

みなさま、いつもありがとうございます!

この記事を読んで、仲人型の結婚相談所や婚活サロンテマリアージュに興味を持ってくださった方は、よろしければLINE友だち追加でお気軽にご連絡ください!

不定期ですが、日々の気づきや役立つ情報などをシェアしたり、当サロンの情報を発信したりしています。

みなさまからも婚活やお仕事で不安になったり、心配になったりしたときに思いやご質問を寄せていただくと、ご不安に微力ながら寄り添うことができるかと思います。

友だち追加

和歌山・大阪泉州のプライベートサロン、全国オンライン型の結婚相談所「婚活サロンテマリアージュ」はおひとりおひとりに丁寧に二人三脚でサポートします!

それではさいごに、「婚活サロンテマリアージュ」の紹介をさせてください。

当サロンは、日本最大級の結婚相談所ネットワーク「日本結婚相談所連盟(IBJ)」正規加盟店です。

IBJネットワークには、70,000人以上の会員様が所属し、毎月約40,000件のお見合いが成立しています。

全ての方が、本気でご自分の結婚を考えている、質の高い会員様ですので、婚活アプリや婚活パーティーなどでは考えられるリスクを、最大限回避して、安心して婚活をしていただけます。

そして、当サロン独自の強みは3つ。

1.きめ細かなサポートを行うために、少人数のお客様に限定しています。

2.がんばっている人を応援するために、キャリアやお仕事も含めたご結婚後のプランを一緒に考えます。

3.楽しく婚活できるように、ご結婚後も見据えた日常生活に着目したレッスンを行っています。

もう一人で頑張らなくて大丈夫です。

一緒に悩んだり考えたりしながら、あなたに合うお相手を探していきましょう!

早ければ6か月、たいていの方が1年以内にピッタリなお相手と成婚退会しておられます。

これまで何年もひとりで婚活してきた方、結婚したいと思いながらなかなか行動できずにいた方、全ての方と一緒に戦略を立てて活動していきます!

今日が一番若い日。時間は待ってくれません。

◆20代、30代、40代を中心に、あらゆる年代の方のお手伝いします

◆男性、女性問わず

◆和歌山県和歌山市中心地、大阪府泉南市中心地にプライベートサロンあり

◆オンラインで全国の方の婚活を応援しています!

ご興味がございましたら、ぜひ初回無料の「婚活無料相談」にお申し込みください!

コロナ時代においては、この「婚活無料相談」もオンラインで対応させていただきます。

当サロンLINE公式アカウントへの「友だち追加」からもご連絡いただけます💓

友だち追加

全国のみなさまからのお申し込みをお待ちしています。