こんにちは!
和歌山市の結婚相談所「婚活サロン テマリアージュ」のしもです。

2020年のクリスマスも終わり、12月も残すところ5日になりました~。

本日ようやく年賀状を印刷会社さんに注文しました!(2021年はもう少し早めにするぞ!←鬼が笑う?)

『日本講演新聞』2864号からのおすそ分けは、絶望の淵を経験した人から学んだ素敵な情報の記事をご紹介します!

婚活を諦めそうになった時にも参考になるはずです。

【日本講演新聞から素敵な情報のおすそ分け No.32】2020/12/21(月)2864号「砂漠で咲いたバラのごとく」より

日本講演新聞バナー

いつもステキな情報しか取り上げられない『日本講演新聞』。

2020/12/21(月)発行2864号からの「素敵な情報のおすそ分け」第32弾は、

今までも何度かおすそ分けしている、山本孝弘中部支局長の社説「砂漠で咲いたバラのごとく」から。

ちなみに、山本孝弘中部支局長の記事からのおすそ分けは、以下の通りです。

いつもあったかい文章が並んでいます。

イラン人タレント・サヘル・ローズさんとお母さんのフローラさんがたどってきた壮絶な人生

山本支局長の社説は、いつもなんですが、きっかけとなるタイムリーなお話から、全く違う方向からリンクする別のお話を紹介し、読者一人ひとりに考える機会を与えてくれる、しかもうるうるしたり、ほっこりしたりする、ハートフルな記事です。(もちろん、他の記事も全てハートフルです!)

今回の記事は、2020年の年の瀬に、個人的なこととも重なって、ウルウルしながらいろいろ考える機会になりました!

社説のメインのストーリーは、「砂漠で咲いた薔薇のように生きる女性」イラン人タレント、サヘル・ローズさんのお話。

こんな短い文章を読んだだけなのに、彼女とそのお母さんフローラさんがたどってきた人生は壮絶で、驚いたり、温かい気持ちになったり、憤りを感じたりと、とっても感情の動きが忙しかったです。

そんな私の感情が動いたポイントは3つ。

まずひとつ目は、

サヘル・ローズさんのお母さま、フローラさんの勇気です!

1989年に、戦場で救助活動をしていた女子大生フローラさんが、瓦礫の中から少女を助け出しました。

フローラさんはその2年後に助け出した少女サヘルさんを孤児院に迎えに行き、お母さんになることを申し出たそうです。

1989年と言えば、今から約30年前。私がちょうど二十歳のころ。

何も考えずに、大学生活を謳歌していたころです。

私はフローラさんと同年代だと思いますが、あまりにもかけ離れた環境の違いに愕然とし、

二十歳そこそこで大きなものを背負うことを覚悟したことに感服しました。

さらに、婚約者の招きで日本へ来たものの、彼の虐待から逃れるため二人で家を出たこと。

どちらも、なかなかできない勇気ある行動です!

ふたつ目は、そんな母子に手を差し伸べてくださった周りの方々のやさしさです!

素敵な人に出会えて良かった。

こういう人との出逢いが人生にとってかけがえないものになってきます。

そういう人に私もなりたいと思っています。

3つめは、それなのに、学校生活でいじめを受け、母子とも絶望の淵に。

2人とも死を望んだ時に、「はじめて家族になれた」とは!

それまでのお2人のご苦労を想わずにはいられませんでした。

そして、血がつながっていてもつながっていなくても、家族の在り方は、夫婦、親子も含めて、お互いの気持ちを伝えたり、思いやったりすることが大切なのだと改めて思いました。

こんな壮絶なお話から、私もたくさん学びたいと思いました!

住むところがあること、ごはんが食べられること、着るものがあること、

歩けること、水が飲めること、家族がいること。

どんなことも当たり前と思わずに感謝しようと思います。

サヘルさんの著書『戦場から女優へ』(文藝春秋)を読みたいと思います。

Amazonで調べると、普通には流通していないようで、5000円以上しました(´;ω;`)ウッ…

ちょうど、近くの和歌山市民図書館にあるようなので、借りに行こう!

絶望的だと思ったとき、婚活を諦めそうなときに意識したいこととは?

そんな絶望的で「死にたい」と望んだサヘルさんが生きる覚悟ができたきっかけは、

高校の恩師の「人の顔色ばかり見てないでじぶんの顔色を見なさい」という言葉。

婚活中のみなさまにも時々お伝えしますが、

誰かがあなたに期待していることではなく、

「じぶんがどうしたいのか」「じぶんが生きたい人生とは」を考えましょう!

そのために大切なことは、自分を好きになること。

同じことがサヘルさんの経験として書かれていて、とても共感しました!

山本支局長の社説は、たくさんの引き出しに入っている素敵な情報をいくつかピックアップして紹介してくれますが、絶妙に全ての話がつながっているのが、秀逸です!

毎週お届けしている『日本講演新聞』からのシリーズ「素敵な情報のおすそ分け」も今回が2020年最終回です。

2021年新年は、元旦特別号からのおすそ分けを予定しています。

日本講演新聞 2864号

和歌山市の結婚相談所「婚活サロンテマリアージュ」は結婚をあきらめそうになった時も二人三脚でサポートします!

当サロン「婚活サロンテマリアージュ」では、

お見合いや交際、プロポーズ、ご成婚まで、婚活のプロセスを二人三脚でサポートいたします。

婚活中のキモチの持ち方や、ご結婚後の生活を見据えて、みなさまが暮らしやすいように日常レッスンも行っています。

当サロンは、

日本最大級の結婚相談所ネットワーク「日本結婚相談所連盟(IBJ)」正規加盟店です。(加盟No.66248 )

日本結婚相談所連盟

IBJネットワークには、65,000人以上の会員様が所属し、毎月約40,000件のお見合いが成立しています。

全ての方が、本気でご自分の結婚を考えている、質の高い会員様ですので、

婚活アプリや婚活パーティーなどでは考えられるリスクを、最大限回避して、

安心して婚活をしていただけます。

そして、当サロン独自の強みは3つ。

1.きめ細かなサポートを行うために、少人数のお客様に限定しています。

2.がんばっている人を応援するために、キャリアやお仕事も含めたご結婚後のプランを一緒に考えます。

3.楽しく婚活できるように、ご結婚後も見据えた日常生活に着目したレッスンを行っています。

そして、日常レッスンで意識してもらうグランドルールは以下の5つ。

1.昨日より少しでも成長することを楽しむ
2.じぶんの機嫌はじぶんでとる
3.じぶんの大ファンになる
4.感謝は言葉でプレゼント
5.じぶんの可能性を信じる

◆20代、30代、40代、50代、60代、あらゆる年代の方のお手伝いします
◆男性、女性問わず
◆オンラインで全国の方の婚活を応援しています!
◆オフラインでのご対応は、和歌山県和歌山市を拠点に、和歌山県内全域、大阪府南部地域、奈良県中部地域の婚活を応援しています
◆和歌山市、海南市、岩出市、紀の川市、橋本市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、紀美野町、かつらぎ町、九度山町、高野町、湯浅町、広川町、有田川町、美浜町、日高町、由良町、印南町、みなべ町、日高川町、白浜町、上富田町、すさみ町、那智勝浦町、太地町、古座川町、串本町
◆堺市、大阪狭山市、富田林市、和泉市、泉大津市、高石市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、熊取町、岬町
◆五條市、御所市、大和高田市、橿原市、葛城市など

ご興味がございましたら、ぜひ初回無料の「ゼロカウンセリング」にお申し込みください!

コロナ時代においては、この「ゼロカウンセリング」もオンラインで対応させていただきます。

当サロンLINE公式アカウントへの「友だち追加」からもご連絡いただけます💓

友だち追加

全国のみなさまからのお申し込みをお待ちしています。